ピーチローズ 口コミ

お尻ニキビは皮膚科に通うべき?

2017年05月17日 12時25分

お尻ニキビは皮膚科に通うべきなのでしょうか?

皮膚科に通うメリットとデメリットを含めてご紹介していきます。

 

お尻ニキビを皮膚科で治す場合

治療内容

治療内容としては、内服薬や塗り薬を処方されることが多いです。

抗生物質や、ビタミン剤といった内服薬を処方することによって、ニキビを改善するという治療方法です。

また、外部から治す場合は、レーザー治療という選択肢もあります。
 

処方される塗り薬

したのような塗り薬が処方せれるようなことが多いです。

・レチノイド
このレチの井戸は、毛穴の角質を柔らかくする性質があります。
ただし、副作用として乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性があるようなので、注意が必要です。


・抗菌剤外用薬アクアチム
化膿したニキビの炎症抑制に効果がある薬品です。
強い刺激があるので、そこは注意したほうがよいかもしれません。

 

処方される内服薬

ビタミン剤が処方される場合が多いようです。

初期のニキビであれば、ビタミン剤でビタミンバランスを調整すれば治る可能性があります。



 

お尻ニキビを皮膚科で治療するメリットデメリット

メリット


・レーザーなどを使用すると、早期に治すことができる


どうしても早く治したいお尻ニキビがあるなどの場合には
レーザー治療などを使って短期間で治すことが可能です。
塗り薬などでは実現できない速さなので、大きなメリットと言えると思います。

 

デメリット


・コストが高い


レーザーなどを使用すると、一回の治療で1万円程度かかるようなので、
範囲が広い場合はかなりの治療費がかかるので経済的なデメリットが大きいです。

塗り薬や内服薬で治療できる範囲の場合は、レーザーほど費用はかかりませんが、
ニキビの初期段階程度なので、ニキビ跡やシミができた場合にはレーザーで施術するほかないようです。


 

お尻ニキビの皮膚科治療を検討して良い場合

皮膚科でお尻ニキビを治療したほうがいい場合としては、


レーザーなどのコストも特に問題なく払える場合

初期のニキビで、特にシミや黒ずみになっていない場合


は皮膚科で治療も検討して良いのではないでしょうか。


ピーチローズの口コミはこちら
 
Peach Rose
Peach Rose