「ピーチローズをお尻だけでなく、いろんな部位にも使いたい!」

そんな風に思っている人もいるかもしれません。

どこに使えるのか、徹底的に調べたのでご紹介していきます。

 

ピーチローズは顔にも使える?

結論から言うと、顔を含めてどこの部位でも使用できます。

人によっては、黒ずみやシミを気にする部位はたくさんあると思います。

膝だったり、肘だったり、服の擦れや、傷の治ったあとなど、様々原因で黒ずみやシミがついてしまうことがあるでしょう。

ピーチローズは、そんな黒ずみやシミを消してくれます。

しかも、肌に優しい成分しか使っていないので、顔を含めて、全身のシミや黒ずみのケア用品として使っている使用者も多くいるようです。

ベタつきもなく、不快感もないのでお尻以外に使用しても特に使用感も問題ないです。

実際に私も肘や脇に使って黒ずみを改善することができました。

 

ピーチローズを顔や全身に使う場合の注意点

顔や全身に使う場合、念のためしたの点に注意してください。

 

・肌に合わないなと思ったら使用をやめる

部位によっては、ピーチローズが合わないという部位もあるかもしれません。

そんな場合に違和感を感じたら使用をやめるようにしましょう。

特に顔は全身の中でも特に敏感な部位です。

もしかすると、「他は大丈夫だったけど顔は合わないな。」

なんてこともあるかもしれません。

ただ、基本的には優しい成分しか入っていないのであまり心配する必要はないかもしれません。

 

塗るベストタイミングは?

全身に使用する時に言えることですが、清潔な状態で塗るようにしましょう。

具体的にはお風呂上がりがベストです。

清潔な状態でないと、ピーチローズで不要な菌などを閉じ込めてしまう場合もあります。

綺麗な状態で保湿をすることを意識し、早く効果を出すようにしましょうね。

ピーチローズを返金保証付きで試してみる

ピーチローズの口コミと私の実際の使用結果はこちら